読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップ5%のヘビーユーザーの私がPocketのレコメンド機能をオススメする話

まずは↓。「お前2015年のトップ5%のヘビーユーザーだよ」とPocketからメールが来ていました。

数あるあとで読む系サービスの中でも最も有名でユーザ数も多いと思われるPocketですが、もちろん愛用しています。以前は「Read it later」というサービス名でした。当時はPocketなんてググラビリティ(googleで検索しやすいか)低そうな名前と思っていましたがすっかり定着しましたね。

jp.techcrunch.com

以前紹介したMarco ArmentさんのInstapaperも使っていたのですが、いつの間にかRead it later一本の運用になっていました。

mamehacker.hatenablog.com

そんなPocketが昨年末にレコメンド機能を実装して、これがまた素晴らしくて気に入って使っています。β版使ってよ!と案内が来ていたのでその頃から使っていました。

appllio.com

getpocket.com

何がいいかというとその精度。国内にも機械学習でユーザへオススメ記事を送るサービスがいくつかあって、ちょっと使ってはみたけれど以下の理由で定着には至っていません。

  • 精度が良くない

  • 広告が多い

  • Push通知が多い、またその内容もひどい

ただ、Pocketのレコメンド機能は 英語の記事についてのレコメンドは素晴らしいけれど日本語の記事はほとんど上がってこない&すでに読んだ記事である場合が多い です。ですので現時点では英語の記事を多く読む人にオススメです。レコメンド機能が実装された直後に比べたら日本語記事のレコメンド数が増えてきた気がして、アルゴリズムの改善も行われていそうなので今後に期待といったところです。

英語多読法 (小学館101新書)

英語多読法 (小学館101新書)